豪ドル 見通し(2/20)

こんばんは。
ドル円が強い中、クロス円も強いと言うより底堅いかんじです。
豪ドル円も59.54円まで下げる局面がありましたが、
その後はジワジワと反発して60円前後で推移しています。

では、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円1時間足(2/20)      豪ドル円1時間足(2/20)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が豪ドル円の1時間足です。)

【4時間足】
平均足は陰線が続いていますが、
直近の平均足は実体部分が短く上下ヒゲのある陰線になっています。
一目均衡表では、転換線と基準線、平均足と雲の位置関係では、
強気維持と言えますが、
遅行線が平均足と重なるように動いていて、
上にも下にも動きそうな気がします。

【1時間足】
19日に61.52円をつけてから下げ続けていましたが、
200時間移動平均線で下げ止まり、反発しています。

MACDはゼロライン以下ですが上向きになってきました。
RSIは50ラインを抜けてきたかどうかという微妙なところ。

豪ドル円はここから買ってみてもいいのかなと思います。
ストップは今日の安値59.54円。
ターゲットは昨日の高値61.52円。

それか、200時間移動平均線割れにもなる
今日の安値59.54円割れで追っかけて売りですかね。
ストップは20~30pipsとタイトにして、
点線のトレンドライン59円割れあたりまでは狙えるんじゃないかと。