豪ドル 見通し(2/17)

こんばんは。
夕方以降、クロス円は下げています。
RBA議事録で追加利下げの可能性がでてきた豪ドルは、
豪ドル円も豪ドル・米ドルも下げ続けています。

次回3月に0.50%利下げが予想されているみたいです。
議事録では豪経済の見通しも弱かったので、
豪ドルのセンチメント悪化が続く可能性がありますね。

では、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円4時間足(2/17)      豪ドル円1時間足(2/17)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が豪ドル円の1時間足です。)

【4時間足】
直近の平均足は長い陰線になっています。
一目均衡表の雲を割ってきましたし、
このまま下げが続きそうな気配です。

【1時間足】
3本の移動平均線がからみあったところで横ばいが続きましたが、
その後は下げが続いています。
200時間移動平均線を下回っていますし、大きな流れは下げかなと。

MACDはゼロライン以下でふたたび下向きになってきました。
RSIは30付近にいるので、いったん反発するんじゃないかと思います。
30割るほどの強い下落に発展する可能性もありますが……

目先の下値目処は2/12安値58.05円なので、
59円以上の反発を待ってからの戻り売りがいいと思います。
ストップは本日午前中の安値59.29円。
目標は58.05円。

59.29円を越えてきた場合は、
昨日のレンジ59.30~60.00円で動くんじゃないでしょうか。
レンジ上限で売り、レンジ下限で買いということになりますが、
結構せまいレンジなので、しないほうがいいかもしれません。
それより、ふたたびレンジ外に飛び出すのを待ったほうがいいかなと。