豪ドル 見通し(2/10)

夕方以降、60.30~61.30円を行ったり来たりしている豪ドル円
午前中は豪経済指標が弱い内容だったので1円以上下げましたが、
今のところはその流れを引きずっているかんじではないですね。

豪ドル円1時間足(2/10)
(豪ドル円の1時間足チャートです。)

移動平均線の状態では、位置、かたむきを見るかぎり、
上昇基調だと言えそうです。

ただ、MACDは下向きに転換して、ゼロラインを割ってきたし、
RSIは50を下回ってきてからは50を越えられずにいます。

今日は下げているとはいえ、2/9安値60.24円を割っておらず、
現時点でさらに下がりそうだと言うことはできませんね。
まだ、60.24~62.74円のレンジで動く可能性もありますので。

でも、60.24円を割ってきた場合は、
さらに下落が続くんじゃないかと思います。
その場合は、2/6安値58.87円や200時間移動平均線のある
58.70~80円までの下落が考えられそうです。

今夜は、まず今日の安値付近からだと買ってみていいのかな。
今日の高値まで上がればとりあえず利確したほうがいいですね。

そして止まらず60.24円を割ってきたら、損切って逆に売り。
こちらは59円割れまで引っぱりたいですね。
だましブレイクの可能性があるので20~30pipsと
ストップは浅めに設定したほうがいいと思います。