豪ドル円の見通し(1/20)

今日はドル円は堅調ですが、クロス円は全般に軟調。
特にポンド円は大きく下げていますね。
また安値を更新していますし、ちょっと止まる雰囲気がしません……

今日の注目材料は、なんといってもオバマさんの大統領就任式。
日本時間の21日午前2時に行われます。
天邪鬼なわたしとしては、期待が大きいのが逆に不安。
為替の世界によくある材料でつくしみたいなことにならなければいいんですがね。

では、豪ドル円の見通しを。
豪ドルにかぎらず、基本的に今日は手控えたほうがいいとは思いますが。

豪ドル円1時間足(1/20)

ダブルボトムを形成してきたし、RSIも上向きになっていますが、
抵抗線になりそうな移動平均線が60~61円に集中しています。

MACDも上向きになってきているし、ここからの反発はあるとは思いますが、
抵抗線までの距離を考えると、買いで参戦はしづらいですね。

それよりも200時間移動平均線は強い抵抗線になりそうなので、
ここらへんまで反発してくるようであれば売ってみたいですかね。

ただ、米国市場が休み明けということと
オバマ新大統領就任式に対する反応が予想しづらいことを考えると、
今日はトレードしないほうが無難でしょうかね。