豪ドル円 見通し(12/26)

こんばんは。
取引再開後、ユーロやポンドが強いですね。
豪ドルもまあまあ堅調。

豪ドル円はここ1週間とめられていた62円を越えてはきました。
RSIも50をしっかりと抜けてきたし、MACDもゼロライン以上で上向きと
まだまだ上昇を期待して買っていきたいところですが……

まだ待ったほうがいいんじゃないかと思います。

ちょうど4時間足の一目均衡表の遅行線が平均足にぶつかっていますし、
ここ1週間の値動きが1円程度とあまり動いていないということもありますので、
反転の可能性、狙える値幅が小さいということを考えると、
ここから期待できるリターンよりリスクのほうが大きいのかなと。

それに年末ということもありますから。
ただ、今週62円キープして終了するようだと買いの準備をして、
63円を越えてくれば買ってもいいのかもしれないですね。
日足の一目均衡表で見ても、転換線が基準線を上回ってきて、
遅行線もロウソク足を抜けてきそうな位置にきましたから。

中長期で見た買い時はそろそろなのかもしれませんね。
コロコロと変わる情勢の中でまだ断言はできませんが……