ポンド円 見通し(12/22)

おはようございます。
久々にポンド円の見通しを。

ポンド円1時間足(12/22)

3本の移動平均線は下向きで、50時間<100時間<200時間という位置関係。
高値安値を切り下げる動きが続いていますし、
下降トレンドだと言えると思います。

ただ、RSIは50を越えてきましたし、
MACDはゼロライン以下ですが上向きになり、トレンドラインを抜けてきたので、
短期的なトレンド転換の可能性があります。

50時間移動平均線を越えてきたら、100時間移動平均線もある
19日高値135.89円まで上昇しそうですが、
135.89円を越えないかぎりはトレンド転換とは言えないんじゃないかと思います。

今は様子見がいいんじゃないでしょうか。
どっちとも言えない状態でポジションを持つよりは、
むしろ再度RSIが50以下、MACDが下向きに反転してきたときに売り。
大きな流れでは下降トレンドだと思うので、
ガマンして短期的にも下落だと思えるまで待ったほうがいいと思います。