ドル円 見通し(12/11)

クロス円はあんまり動きがない状態が続いています。
11月失業率、新規雇用者数の発表があった豪ドル円も、
発表後に50銭ほどの上下はあったんですが、その後は横ばい。

ビッグ3救済法案が下院通過しましたが、上院でも可決されて成立するかは不透明。
これがどうなるかわかるまではあんまり動きはないのかなと思います。

しかし米ドルにはあまり明るい材料がないように感じます。
ビッグ3救援問題にしても、この法案が仮に可決されたとしても、
それで終わりというわけではなさそうだし……
米財政赤字が2009会計年度の最初の2ヶ月(9月、10月)で4,015億ドルと
過去最大だった2008会計年度4,550億ドルとほぼ変わらず、
今年度は記録的な赤字額になる見通しだそうですし……

そんななかではありますが、ドル円の見通しを。

ドル円1時間足(12/11)
(ドル円の1時間足チャートです。)

ここ数日は大きな動きがありませんが、
200時間移動平均線で止められ、RSIは50以下、
MACDも下向き&ゼロライン以下になってきているので、
下降トレンドは変わらず。

チャートの形が三角もち合いになっているので、
下方ブレイクかもち合い上限からの「売り」がよさそうです。

目標は5日につけた安値91.92円。