為替レートを見る時間を増やす

FX初心者が、まずはやったほうがいいことって何でしょうかね?

私は「レート画面を可能なかぎり見ること」かなと。

初心者が覚えることは多い

そもそもトレードをはじめたばかりの頃に、覚えなければいけないことはたくさんあります。

取引の仕組み、為替相場の特徴、リスク……。まぁ、たくさんありますね。

覚えなければいけないことは、もちろん覚えないといけません。適当にやって失敗して、痛い目をみるのは自分自身ですから。

ただ、なかなか頭に入りづらい……。そういう人はデモトレードを必ず試してください。また、為替レートの動きを見る時間を増やすといいでしょう。

実際にトレードしながら、レートを眺めながらのほうが、頭に入りやすいです。

チャートではわからないこともある

「値動きなんて、リアルタイムで見なくてもチャート見ればオッケーでしょ」と思う人もいるかもしれません。でも、チャートではわからないこともあるんじゃないかと思います。

例えば、100円プラスマイナス10銭で1時間推移した場合。

1時間足のロウソク足ではコマ足が出現。ティックチャートでは横ばい表示になります。

100円ラインをめぐる攻防が繰り広げられ、硬直状態になっていたのか?取引が少なく動きがなかったのか?この時間帯の値動きの状況を、チャートからうかがい知ることはできません。

ただ眺めるだけでいいと思う

テクニカル分析では、そういうのもチャートに表れると考えます。実際、激しいせめぎ合いのあるポイントは、サポートやレジスタンスだったりしますからね。

とはいえ、FX初心者にはやっぱり生のレートを見る時間を増やしてほしいです。何かを考えるというのではなく、いろんな性質の値動きがあることを実感するために。

経験上、完全に思惑を排除してトレードするのは難しいです。都合のよい思惑、先入観が、少なからず入ってしまう……。

ヒゲの短いコマ足が出現したから動意薄の相場だと決めつけるのか、主要ラインで硬直しているから抜けきると大きく動く選択肢も考えれるか。同じように見えても色々な質の値動きがあることを、知っているかどうかだと思います。

ただリアルタイムの為替レートを眺めるだけ。それだけで初心者が得られるものは多いはず。試してみてくださいね。