ポンド円 見通し(9/15)

ポンド円の見通しを。

ポンド円4時間足(9/15)    ポンド円1時間足(9/15)
(左がポンド円の4時間足の平均足で、右がポンド円の1時間足です。)

【4時間足】
平均足は上下ヒゲの伸びた陰線が続いています。
反転して勢いよく下落というわけではなさそうです。

一目均衡表では、豪ドル円同様、金曜日の急騰で
転換線は基準線を上回っています。
ただ、遅行線も豪ドル円同様に平均足を上抜けられずに沿う形で推移。

【1時間足】
窓を開けて下げて始まってはいますが、
200SMAで支えられている展開が続いています。
3本の移動平均線は上向きになりつつありますし、
ここからまだ下げるとは言い切れない状態ではないかと思います。

4時間足を見ていると、再度雲に突っ込んでいくようだと、
193~194円まで上昇幅を伸ばしそうですし、
逆に基準線・転換線の189.80~90円を割ってくるようだと、
187~188円まで下落幅を拡げるんじゃないかなと思います。

現状だと、189.80円にストップをおいて、200SMA付近から買ってみてもいいかも。
もしくは189.80円割れで売り、50SMA・100SMAのある189.10~20円で利確、
189円割れで再度売り、188円あたりで利確と。
189.80円を基準に上では買い、下では売りといったかんじで考えようかなと。