ポンド円 見通し(9/8)

こんにちは。
今日のポンド円の窓明け強烈でしたね。
金曜日にエントリーのポイントまで来なかったので、難を逃れましたが、
やっぱり週をまたいでのポジション持越しは危険だなぁとつくづく……。

ポンド円はその窓明けのせいで、
50・100時間移動平均線を大きく越えた状態からスタートしました。

ポンド円4時間足(9/8)    ポンド円1時間足(9/8)
(左がポンド円の4時間足の平均足で、右がポンド円の1時間足です。)

【4時間足】
平均足は陽線継続。
転換線が基準線を上抜きそうですし、
遅行線も平均足を上抜きそうな状態になってきていますので、
雲196~198円まで上値を伸ばす可能性がありますね。

【1時間足】
50・100時間移動平均線を一気に越えて、193.30円あたりからはじまりました。
その後は200時間移動平均線を抜け切れずに抑えられている状態が続いています。

今日の戦略は、「195.00~30円で戻り売り」。
200時間移動平均線手前での売りエントリーを考えます。
4時間足の一目均衡表では微妙な位置ではありますが、
逆に明確に抜けてくるまでは戻り売りでいいんじゃないかと。

ストップは本日高値195.64円。
リミットは一応ストップ幅と同じ程度で。
ただ、今日だけで見ても約3円の上下があるように動きが大きいので、
複数のポジションで、一部を利確しながら追いかけてみてもいいかもしれませんね。