ポンド円 見通し(9/8~9/12)

ポンド円の見通しを。
先週末の記事に書いた月足の雲下限197.82円を下回っている間は、
短期で「戻り売り」という考え方でいきたいと思います。
今年安値を割ってきた時点で下値目処がはっきりとしないので、
売りでも買いでも長時間の保有は避けたほうがいいと思います。

ポンド円1時間足(9/6)

基本的に今までと同じ考え方で、
50時間移動平均線から売っていきたいと思います。

ただ、MACDがゼロラインを越えてきそうなことを考えると、
上値がひろがりそうな100時間移動平均線を越えた場合は、
損切りして様子見。

8月上旬の213~214円をつけていた頃から
200時間移動平均線にタッチもできていない状況が続いているので、
ここまで上昇するようだとそのまま上昇を続けそうですね。

その前に100時間移動平均線が立ちはだかりますが。
一時的に越えてもすぐに押し戻されているので、
このラインもかなり強い抵抗ラインになるんじゃないでしょうか。