ポンド円 現状把握・・・

こんにちは。
今日は暑いですね……
しかも私の会社が入っているビルは節電をしているのか、
ビルの中も蒸し蒸ししています。
相当汗かきなのでかなり醜い状態になっているはず……

昨日もポンド円はほとんど変わらない水準で推移。
BOE政策金利も予想通り据え置きだったのであまり反応なしでした。
短い時間のチャートだと書くことが同じになってしまうので、
今回は日足チャートを見ていきたいと思います。

ポンド円日足(7/11)

7月入ってからの約2週間は212円の半ばは超えられず。
下方向には数回ポンと大きく振れたりしていますが、
今月の高値212.42円、安値210.02円と3円幅も動いていませんね。

下振れしたときでも3月中旬からのトレンドラインだけでなく、
5月からの短い期間のトレンドラインもキープ。

抵抗線212.42円、そしてトレンドラインが現在211円あたり。
だいぶ狭まってきましたからそろそろどちらかに抜けてくるんじゃないかと。

まぁ、この間にあるかぎりはレンジ内で逆張りでいいんじゃないかと思います。
212.42円突破してきたら214.01円までを目処に買いを基本に、
逆に割ってきたら209.01円を目処に売りを基本でですかね。
割ってきた場合でも大きな流れでは上昇なので、深追いは危険でしょうけど。

ドル円も200日移動平均線を抜けるわけでもなく、
かといって大きく下げるわけでもなく、狭いレンジで動いているので……
ポンド円も今週は今ぐらいの水準で終わるんですかね。