ドル円 来週の見通し(7/5)

おはようございます。
起きたらお昼過ぎてました……
しかし、昨日から東京は暑いですね。
これで天気が崩れると、すごい蒸し暑くなるんでしょうね。

では、ドル円の来週の見通しを。

ドル円日足(7/5)    ドル円4時間足(7/5)
(左がドル円の日足チャートで、右がドル円の4時間足の平均足です。)

【日足】
102.73円→108.57円の61.8%で下げ止まり、反発。
終値ベースでは50日移動平均線や106円にのせる前の高値割れは
回避しているので、再度200日移動平均線107.72円を試すんじゃないかと。

108円まで上昇するようだと、108.60円超えの可能性は高いんじゃないかと、
個人的には考えています。
そうなると、次は110円を目指してといったかんじですかね。

【4時間足】
小さなコマ足が連続して終わっているので、
来週はじまってからの動きを見てからではないと判断しづらいと思いますが、
一目均衡表では遅行線が平均足を、平均足は雲を抜けてきたので、
まだ上昇をするんじゃないかなと思います。

サポートラインは転換線と雲下限の106.40円あたり、
そして基準線の106.10円。
基準線を割ってくるようだと、ちょうど遅行線が平均足に重なってくるので、
弱気基調になってしまう可能性がありますので、
買った場合はとりあえず106円割れで一時撤退としたいと思います。

来週は106.00~108.00円のレンジから抜けた方向に行くんじゃないかと思います。
その場合、上は1/9高値110.12円、下は100日移動平均線の104.10円が目処に。
どちらかというと、上方向かなと思いますが。