ポンド円 今週の見通し(6/30)

昼食後でちょっと睡魔と闘いながら、
ポンド円の今週の見通しを。

ポンド円日足(6/30)    ポンド円4時間足(6/30)
(左がポンド円の日足チャートで、右がポンド円の4時間足の平均足です。)

【日足】
MACDが下向きに転換してきました。
1月中旬から2月末の間抑えられていた214.01円を超えれずに下げたので、
下げ幅が大きくなる可能性は高いんじゃないでしょうか。
下値目処は210円を完全に超えてきてからの安値210.40円、
そしてトレンドラインも重なっているので、強いサポートになりそうな209.01円

【4時間足】
平均足は上下ヒゲの長いコマ足。
一目均衡表は、転換線<基準線、遅行線<平均足となっています。
平均足は雲の中を上下していて、迷っているかんじなのかなと。
午前中の反発は基準線の212.24円付近で抑えられています。
ちなみに1時間足の50・100期間移動平均線も同じ辺りにありました。

先週金曜日に210.57円と210.40円に肉薄していましたし、
再度試してきたときに支えられるかどうかといったところだと思います。
割ってきたら、まずは209.01円を目標に売ってもいいかなと。
そして、209.01円を割ってきたら再度売り。

戻りも結構早いので、今の水準で動いている間は
212円あたりから売り。212円半ばを超えてきたら損切りというかんじで。
安値を更新しない時は下げ足が速くても食いつかない方がいいと思います。