FX業者の法令違反・・・

今回は為替の相場の話ではないんですが、FX業者の法令違反について。

昨日6月20日に証券取引等監視委員会(SEC)が金融庁にヒロセ通商に対する行政処分の勧告をしました。内容は、「勧誘を断った人に対して電話営業を続けていた」。つまり、法令違反を犯して「不招請勧誘」を行っていたようです。

またか……。日経新聞の記事にあったと思うんですが、昨年の11月頃からSECがどんどん検査に入っていっています。そのため、今年に入っての処分勧告や行政処分が多いんでしょうけど、多すぎな気がするのは私だけでしょうか……。

おそらく内容が「区分管理ができていない」とか、「自己資本規制比率が120%を下回っている」といった
私たち顧客の資産に影響する話ではないので、業務停止といった処分にはならないんだろうと思います。

ただ、今回のヒロセ通商の場合も結構悪質なんじゃないかと。

客が望む望まない関係なく、会社がやりたいことをやっていたわけですから。サービスを提供する会社にとって当然の「顧客満足志向」という考え方の真逆の考え方をする会社じゃないとすることではないと思うので。

JNSもそうですが、FXのサイトやブログでよく広告を見るFX業者、(為替ブログ村からいらっしゃった方は数分前にバナー広告を見てるはず。)よく名前を目にするFX業者がこういった不祥事をしでかすことが続くと、業界全体のイメージもよくはならないでしょうから、月並みですがFX業界全体で努力をしてもらいたいものです。