豪ドル円 わかりづらい・・・

今夜は特に経済指標の発表がないのであまり動くことはないんでしょうかね。
ドル円が狭いレンジで動いているからか、
クロス円全体がイマイチ方向感のない動きをしています。

その中で豪ドル円の見通しを。

豪ドル円4時間足(6/18)    豪ドル円1時間足(6/18)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足、右が豪ドル円の1時間足チャートです。)

4時間足で見ると、平均足は陰線になっています。
一目均衡表はロウソク足は雲より上、転換線は基準線を上回っていますし、
遅行線もロウソク足を上回っているので、まだ状態は強気だと。
現在下げていますが、転換線101.70円で止まるかどうか。
止まらないと基準線の101.40円あたりでしょうか。

1時間足で見てみると、MACDは下向きになっているので、
まだ下がりそうなかんじではありますが……
50期間移動平均線を割ってきても100期間移動平均線101.55円あたり、
その下の4時間足の基準線101.40円がサポートラインになりそう。

ここを割ってくるぐらい下げるようだと、売りを考えてもいいかもしれませんが、
今は逆にMACDが反転して上向くのを待っての買いのほうがよさそうですね。