ポンド円 今週の見通し(5/19~5/23)

おはようございます。
ポンド円の今週の見通しを。

先週金曜日の夜は米経済指標の内容で、
乱高下してましたね。

ポンド円4時間足(5/18)

雲の上限から一気に雲の下限まで動きましたが、
結局上下どちらにも雲は抜けれず。
基準線が下向き、平均足も陰線引けと下降トレンド継続と言えそうですが、
遅行線はロウソク足を下抜けず一旦反発してます。
それを考えると、今のところ一気に雲を下抜ける動きにはならないのかなと。
雲の中、202.50~204.40円を基本レンジで動くんじゃないかと思います。

反発して雲の上限を抜けれず、再度平均足が陰線になったところで、
売りポジションを持ってもいいのかなと考えています。
今週は202.50~204.40円のレンジで動くんじゃないかなと思います。

英経済指標等で今週注目されるのは21日水曜日のBOE議事要旨
予想は「8対1での金利据え置き決定」。
金利先安観の後退によるポンド買いという流れも考えられますので、
売りポジションを持つ場合には気をつけたいと思います。