豪ドル円来週の見通し(5/19~5/23)

豪ドル円の来週の見通しを。
さっそく平均足を使って流れを見ていこうと思います。

豪ドル円4時間足(5/17)

まず一目均衡表で見ると、雲より上にいますし、遅行線も平均足より上、
転換線も上向きと、上昇トレンドと言えます。
つぎに平均足はというと、1本前で下ヒゲが長い陽線になりましたが、
結局「上ヒゲ+陽線」で終わっていますので、
こちらも上昇トレンド継続と言えそうです。

ただ、上昇トレンドとはいえ、昨日の高値を超えれず下げるようだと、
ダブルトップを形成してしまうので、下落幅が大きくなってしまう可能性が
あることは気にしていたほうがいいかと思います。

来週の経済指標等で注目されているものは
20日火曜日の豪準備銀金融政策議事要旨。
金利の市場見通しがいまいちハッキリしていないので、
けっこう動く材料になるかもしれません。