ポンド円の見通し(5/14)

昨日は17:30の英消費者物価指数、21:30の米小売売上高と
経済指標発表後の動きはすごかったですね。
ポンド円は強い内容だった消費者物価指数後下落しているのを見て、
売り圧力が相当強いのかなと思っていたのですが……
米小売売上高発表後にあっさり反発、元どおりに。

本日のポンド円の見通しはといいますと、
夜中に204.16円をつけてからのレンジを想定しての取引がいいのかなと思います。
203.36~204.16円で下のほうで買って、上のほうで売ってと。

ポンド円15分足(5/14)

想定レンジを外れてきた場合は、
上のときは追随で買い。
ターゲットは先週後半の下落時に反発した時の204.42円か、
デイリー・ピボットのR1が位置する204.66円。

下の場合はすぐに追随して売るのではなく、
203円割ってきてから売ります。
昨日の夕方以降の上昇201.52→204.16円の38.2%戻し 203.15円、
デイリー・ピボット 203.09円、ウィークリー・ピボット 203.01円と
203円付近に集中しているので。
両方ともレンジに戻ってきたら損切りします。

もうひとつ、50pipsほど狙って203.10~20円で買うのもいいかもしれません。
この場合は203円割れで損切りとします。