豪ドル円、今週の見通し(5/12~5/16)

おはようございます。
さっそく簡単に豪ドル円の見通しとポイントを。

豪ドル円を日足で見てみると、
豪ドル円日足(5/10)
ポンド円と同様にここ1ヶ月間サポートとして機能していた
20日移動平均線を割って終わってしまいました。

ただ、4/29につけた安値96.12円は割らなかったので、
ここで踏みとどまることも十分に考えられると思います。
この96.12円割れを回避するかどうか。まずは再開後がポイントですかね。

割れた場合は、90日移動平均線95.63円、50日移動平均線94.65円が
サポートになってくるのかなと思います。
まぁ、96円割れで短期で売ってみても面白そうだと思いますが、
最初に書いたように直近の安値更新回避で反発というシナリオも十分考えられます。

4/19安値92.69円→5/7高値99.81円の50%戻し96.25円付近まで下落後、
38.2%戻し97.09円のラインまで反発という動きを考えると、
今の水準で買っていってもいいのかな……とも思います。
こうクロス円全体が軟調だと悩むところですがね。