豪ドル円、今週の見通し・・・

せっかくのGW、東京は天気がすぐれまんせんね。
週末に潮干狩りに行く予定だったんですが、潮が引かずに断念。
奥さんの実家でゴロゴロしただけで帰ってきました。

豪ドル円は200日移動平均線をスパッと越えてきました。
これからは100.50円を目指してとなるんでしょうかね。
200日移動平均線の97.70~80円を損切りの目処に買っていっても、
いいのかなと思います。

100.50円を越えると、次は去年10/31高値107.86円
日足チャートを見ていると、一気に107円まで上昇しても
不思議ではないように見えるんですが、どうでしょうかね。

今週の主な豪経済指標・イベントは、

日時 経済指標・イベント 予想(前回)
5/6 10:30 3月貿易収支 -29億AUD(-32.89億AUD)
5/6 13:30 RBA政策金利 7.25%据え置き
5/8 10:30 4月新規雇用者数 1.00万件(1.48万件)
5/8 10:30 4月失業率 4.1%(4.1%)

RBA政策金利は据え置きが確実視されているので、声明内容に注目。

前回は信用収縮問題という外部要因で、個人消費が沈静化に向かい、
インフレ圧力も緩和するだろうという内容から、
当面の利上げ打ち止めと受け取られました。

ただ実際には先週の小売売上高が強い内容となっているように、
個人消費が沈静化に向かっているとは言えず、消費者物価指数も
インフレ誘導目標の3%を大きく上回っている中、
タカ派よりのスタンスが示される可能性が十分に考えられます。