日銀人事

19日に任期を迎える日銀福井総裁。
 
後任候補の武藤副総裁を野党が反対の方向というニュースがありますが、
海外の注目度ってどうなんでしょうか。
 
今日午前中に行われた所信聴取では、
「過去5年間に十分に緩和的な環境を通して成長を支援してきたように、
金融政策運営の透明性の向上や国民・市場とのコミュニケーションを通して、
日本経済が潜在力を発揮できるような政策運営に努める」と、
あたりさわりのない発言でした。
 
ここ数年間ほぼ全会一致での決定が多かったこと、
現在の状況では行える金融政策が限られているんじゃないかということで、
総裁だけでなく日銀執行部人事についても注目度は低いようです。
 
あえて円売り材料になる可能性があるのは、
野党の反対で後任人事決定に時間がかかって総裁不在となった場合でしょうか。