決済タイミングの判断はシビアに

決済するタイミングは本当に難しいです。

「待っていれば戻るはず」「まだ上昇するんじゃないか」と考えて、決済せずにポジションを持ち続ける。その結果、損失がふくらんだり、利益がなくなったり……。そんな経験ありませんか?

私は、幾度となく経験しています。人間、自分の都合の良い方向に考えてしまうもの。でも、良い結果を得るためには、決済の判断はシビアにおこなわなければいけません。自戒。

もうはまだなり まだはもうなり

「もうはまだなり まだはもうなり」という相場格言があります。

「もう底だと思うときは、まだ下があるかもと考えよ。逆に、まだ下がるかもと思うときは、もう底かもしれないと考えよ」ということ。主観的な判断で相場を見ることは危険だということを言っている格言です。

本当にそのとおりで、投資家心理は、どうしても自分の有利なほうにベクトルが向いてしまいます。特に、「もう」とか「まだ」というときは、その予測に対する根拠がない場合が多いです。

客観的な根拠があれば、ポジションを保有し続けても良いと思います。でも、根拠なく、決済せずに持ち続けるのは賢い選択肢ではありません。1回、2回は良い結果となるかもしれませんが、最終的にはよろしくない結果になるかと。

決済タイミングの判断はシビアに

決済のタイミングは、シビアに判断する必要があります。

上がるか下がるかわからない状況で、ポジションを持ち続けるなら、一旦決済して方向性がはっきりし出したときに、再度エントリーすれば良い。ポジションを持つ=為替変動リスクにさらされている状態なので、含み損が出ていようが、わからなければ決済するという判断を素早くすることが大切です。

ただ、相場が動いていて、評価損益が動いている状態で判断すると、思惑が頭の中に広がってきます。特に、初心者の場合は、その都度的確な判断をするのは難しいですね。

その場合は、ポジションを持つときに、損切りと利食いの決済指値注文をあらかじめ設定しておくと良いです。一番、冷静に判断できる場面なので。

思惑を排除するには自動売買を利用する

ただ、実際に人間心理を考えると、完全に思惑を排除することは難しいです。誰しも、主観的なベクトルが働いてしまいます。割り切ることがなかなかできないんですよね……。

完全に排除しようと思ったら、自動売買システムを利用すれば良いでしょう。思惑に関係なく、自動で売買するので。

同じシステムトレードでも、売買シグナルの場合は難しいです。自分の手で注文をおこなうので、シグナルを無視して決済しないという判断をしてしまう可能性がありますからね。