FX初心者がやりがちなレバレッジの失敗

レバレッジはFXの大きな特長の1つです。証拠金の何倍ものボリュームの取引をおこなえるので、資金効率が高まるというメリットがあります。

例えば、50万円の証拠金で、レバレッジを10倍に設定した場合。50万円×10倍=500万円分の取引が可能です。この場合、為替レートの変動に対して、損益も10倍になります。

レバレッジは利益も増えるがリスクも増える

利益が何倍にもなるからと、レバレッジを高くする人がいます。しかし、ここに落とし穴が……。

レバレッジは手法ではなく、仕組みなので、利益が10倍になるということは、同じく損失も10倍に。利益は10倍になるけど、リスクは変わらないということにはなりません。

現在は最大レバレッジ25倍と決められていますが、以前は200倍というFX業者もザラにいました。200倍ということは、利益も損失も200倍になります。ハイリスク・ハイリターンですよね。

ただ、200倍ということは、取引ボリュームの200分の1の資金でトレードできるということなので、少額の資金しかない人にとっては良かったわけです。少額の資金でトレードする人は、リスクが200倍となっても損失額は少額ですみますし。

しかし、少額なぶん、ロスカットラインが高く設定されるだけで、レバレッジを200倍にした場合は、リスクも200倍になるということには変わりありません。つまり、レバレッジを高くするに比例して、リスクも高くなるのです。

まとまった資金では、損失額も莫大に

少額でトレードしている人は、レバレッジを高くしようが、損失額が莫大な額になることはありません。しかし、まとまった資金で運用している人は、そうではありません。

例えば、1000万円の証拠金で運用している人がいるとします。レバレッジ10倍で運用する場合、1ドル=100円だと、100万ドルのポジションを保有することができます。

1円動くと、口座資金は100万円動きます。1円の変動は1%の変動率。1日でも十分動く可能性があります。1日で証拠金の10%の損失が出る可能性があるのは、十分ハイリスクだと言えるんじゃないでしょうか。

ロスカットの場合は、さらに大きな損失が出ます。最大レバレッジが25倍なので、必要証拠金は40万円。ロスカットラインは9.6円下がった90.4円です。ロスカットになった場合の確定損失は960万円になります。ハイレバレッジで損切りを設定しないトレードは非現実的ですね。

初心者のスワップポイント狙いで失敗がよく見られる

レバレッジの設定で失敗するパターンとして、スワップ狙いのトレードをしている人が多いです。

その理由の1つは、まとまった資金で運用している人が多く、レバレッジを高くすることで損失額が大きくなるからだと思います。

もう1つは、スワップポイントが為替差益に比べて少額であることが考えられます。日々口座に反映されるスワップポイントを見て、少ないからとレバレッジを高くしてしまうのです。たしかに、スワップポイントによる利益は何倍にもなりますが、一方でリスクも何倍にもなってしまいます。

利益ばかりに目がいってしまうから起こる失敗。この失敗は、FXの仕組みを理解せずに外貨預金感覚で始めた初心者の方によく見られます。

スワップポイント狙いの取引は、中長期の視点でおこなうことが重要

そもそも、スワップポイント狙いの場合は、中長期でコツコツとというスタンスでトレードすることが重要です。

年間の値動きの変動率が10%程度で、豪ドル円など高金利通貨ペアのスワップポイントが年利4~5%。1年スパンで考えると、リスクが10%に対して、リターンが4~5%なので、バランスが悪いです。

これが2年スパンでは、ほぼイーブンになりますし、3年以降では、リターンのほうが高くなります。厳密には違うケースもありますが、具体的な計算は別記事で書きたいと思います。

これは、低レバレッジだからではありません。スワップポイントによる収益を狙う場合は、レバレッジに関係なく当てはまります。数年スパンで考える必要があり、含み損状態であろうがポジションを保有し続けることが重要なトレード手法なので、レバレッジを抑えなければいけません。

「日々のスワップポイントが少ない……」と思っても、そこはグッと我慢。コツコツと少額の利益を積み重ねていく取引なので、レバレッジにはくれぐれも注意しましょう。