無計画な難平(ナンピン)はしてはいけません

難平(ナンピン)は、してはいけません。初心者向けのFX書籍なんかに書かれていますが、そのとおりだと思います。

ナンピンすると口座状況が改善したように誤解してしまうので、初心者の方はやりがちです。でも、実は改善していないどころか、よりリスクをとる行為に……。

やり方次第では良いのかもしれませんが、基本的にはリスクの高い手法なので、やらないほうが良いかと。

難平(ナンピン)とは

保有ポジションと逆方向に相場が進んだ時に、ポジションを追加して購入レートの平均値を上げる(もしくは下げる)ことを、難平(ナンピン)と言います。

ようするに、売りポジションを保有している場合はより高いレートで売りポジションを追加、買いポジションを保有している場合は低いレートで買いポジションを追加して、平均購入レートを有利にします。

例えば、ドル円を100円で1万ドルの買いポジションをたてる。その後下落して95円になった時に1万ドルを追加。合計2万ドルで平均購入レートが97.50円の買いポジションを持つことになります。つまり、最初に買ったレートから2.5円低くなります。

この場合、最初に購入したレートまで戻らずに、半分の2.5円幅戻して1ドル=97.50円になればプラスマイナスゼロ。元の1ドル=100円まで戻れば、2.5円幅の利益となります。

一見すると良い手法のように思うかもしれませんが……。そうではありません。

ナンピンはリスクが高い

思惑どおりにいけば、損益分岐点が下がるので良い結果を得ることができます。でも、そのまま逆方向に進み続けるとどうでしょう?

ポジションが増えるので、取引口座の状況悪化が加速しますね。平均購入レートが有利になろうが、取引口座の状況は良くなりません。逆に、ポジションを追加したぶん、逆方向に動けば損失は増えてしまいます。

上の例では、95円で追加した後にそのまま90円まで下落したとします。ポジションを追加してなければ、1万ドルのポジションに対して10円幅の損失。追加したことで、2万ドルに対して7.5円幅の損失に。1.5倍の損失になってしまうのです。しかも、ポジションを追加すると、そのぶん必要証拠金が必要になりますし、ロスカットラインは上がります。

そもそもポジションを追加したところが相場の転換点だとはかぎりません。追加時点では逆張りになりますね。このように、ナンピンはリスクの高い手法なんです。

取引前に計画した上でのナンピンはあり

ただ、ナンピンをしても良い場合もあると思います。それは、取引前にその状況を想定してナンピンする場合です。

上の例で言うと、95円まで下落してポジションを追加した時点での口座状況を、事前に計算しておくということ。

97.50円で2万ドルの買いポジションを保有している。その時点の証拠金残高が○円で、レバレッジは○倍だから大丈夫だろうと。そこまで事前に計画建てた上でのナンピンはありなんじゃないでしょうか。

でも、そこまで考えれないのにナンピンする人が多いから、ナンピン=危険と考えられているんでしょうね。

FXではやめたほうが良い

有効に使える場合もあるので、一概にナンピンは絶対にダメとは言えませんが……。FXの場合は、やめておいたほうが良いんじゃないでしょうかね。

FXはレバレッジをきかせる取引なので。

ポジションを追加してからも相場が逆方向に進み続けると、損失の増えるスピードも増えますし、ロスカットラインは一気に上がります。

その都度、口座状況の変化を把握しながら、トレードをするのは難しいんじゃないかなと。少なくとも、リスク管理がきちんとできていないうちは、やめたほうが良いでしょう。