豪ドル・NZドル見通し・・・

≪豪ドル≫
 
昨日のRBA四半期金融政策報告で、
インフレ予想の上方修正、堅調な住宅市場など
さらなる追加利上げの可能性も感じ取れました。
 
今日10:30の7月NAB企業景況感指数も20ポイントと
この指標開始(1997年)以来最高で、
依然景況拡大基調は続いていますね。
 
材料的には豪ドルが買われてもいいはずなんですけど、
豪ドル円は昨日今日と軟調な流れが続いてます……
 
まぁ、先週土曜日にも書いたように、
他のクロス円につられているんですかね?
 
まぁ、スワップ金利狙いである程度中期的に取引をするなら、
買っていってもいいと思います。
 
ただ、その場合は日足チャートで見るかんじだと、
3/6安値→7/20高値の50%戻し98.11円で黄色信号
200日移動平均線97.43円、4/19安値97.42円、
4/24安値97.44円と集中している97.40円を割れると撤退
 
リミットは、3/6安値→7/20高値の38.2%戻し100.37円
頑張って90日移動平均線の101.96円あたりにします。
  
 
≪NZドル≫
 
7:45の6月小売売上高指数は、前月比-0.4%と
市場予測、前回を大きく下回りました。
 
ただ、四半期ベースで見た場合、前年同期比+0.9%と
伸び悩んではいますが依然プラス。
 
今年政策金利を4回、計1.00%の利上げをしたんですから、
その引き締め効果を考えると特に不思議ではないかもしれませんね。
逆に、鈍っているとはいえ伸びていますから、
RBNZの金利引き締めスタンス継続との見方も多いようですね。
 
とは言っても、200日移動平均線86.59円を割ってきてしまったので、
まだまだ下がる可能性があるので買えません……
  
 
少しでも役に立ったなら……クリックお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ