ドルメジャーの相関・・・

ユーロとポンド豪ドルとNZドルという組み合わせ、
入門本ではよく似た動き、つまり相関関係が強いとされていますが…
ここ1年の対ドルの動きではどうなんでしょうか?
 
EUR/USD と GBP/USD … 0.92
AUD/USD と NZD/USD … 0.94
 
確かに当たってます。
 
直近6ヶ月だと、
EUR/USD と GBP/USD … 0.91
AUD/USD と NZD/USD … 0.67
 
豪ドルとNZドルはちょっと?どうですかね…
 
直近3ヶ月だと、
EUR/USD と GBP/USD … 0.60
AUD/USD と NZD/USD … -0.25
豪ドルとNZドルはむしろ逆相関に。
 
違う国の通貨ですから、状況によって変わってくるのは
当然といえば当然ですね。
 
“相関”ってスワップ狙いでポートフォリオを組むかたが、
変動リスクの分散のために見る数字の一つだと思います。
 
ただ、両建てができないシステムを使ってるかたなんかが
擬似両建てをする時には気にしたほうがいいのかなと。
 
AUD/USD売りでNZD/USD買い、トータルでスワップもらえるし、
似た動きをするから両建てみたいな感じで変動リスクは小さいしって
考えたりしないですか?
 
長期的な取引だとそれでもいいんでしょうけど、
ここ3ヶ月だと上の考え方はあてはまらないんですよね。
こんな風に期間ごとに調べてみると取引の参考になるかもしれません。
 
まぁ、それぞれチャートを見て独立して考えて取引をしている人には
全く関係ないとは思いますが…
ちょっとでもなるほどと思ってもらえれば、うれしいです。