福井総裁、しっかり・・・

福井総裁の会見
基本的に当たり障りなくといったところでしたが…
 
「予見できる将来にわたりスケジュール的に金融政策運営を行える可能性小さい」
「利上げ効果は浸透中、経済・物価情勢見極めの段階」と、
個人的にはどう受け取っても早期利上げ観測にはつながらないかなと。
そんな印象を受けたのですが、どうでしょうか…
  
特に気になったのは、
「金利正常化でもシナリオに沿った金融政策運営が適正かは疑問」ですかね。
これって聞き様によってはすごい無責任にも思える発言かなって…
 
グリーンスパン前FRB議長の声明により政策意図を伝え、事前に市場の
調整を進めた後で政策実施というやり方も賛否両論あったようですが…
ある程度の政策意図を伝えなければ、不透明な印象しか受けないですね。
 
これだと、海外市場でも特に買い材料にはならないでしょうね。