いつまで、どこまで・・・

やっぱりまた下げましたね…
 
昨夜の海外株式市場が軟調、それを受けて今日の日経平均も501.95円安の
16,676.89円と。
昨夜の米国株式市場は小売売上高の予想を下回る数値、住宅ローン大手の
上場廃止に加えて、ドル安という為替も下落要因になりました。
 
昨日も書いたように、悪循環な気がしますね。
 
今週まだまだ経済指標の発表が控えていますが、下振れしやすい地合いなので
良い結果でも上昇はあまり期待できないかもしれません。
逆に悪い結果だと、急落する可能性大だと思います。
 
今は明確な円買い材料でのクロス円下落というわけではないので、
このぐらいのレートが適正だろうという目処がつかないですよね。
 
キャリートレードの解消、リスク商品を減らす動きが材料だと考えると、
キャリートレードが活性化した時点のレートが適正だとなってしまいます。
そうなると、この下落はまだまだ序の口だということになりますね…
 
正直、下値の目処がつかない現状では、手を出さないのが一番だと思います。
参考にならなくて申し訳ないんですが、それがベストな選択かなと。