オセアニア通貨に対しても・・・

昨日は対ドルでも対円でも大きく上昇したオセアニア通貨ですが…
 
こちらは、どこまで行くのでしょうか。
 
AUD/USDが去年4月以来の高値、NZD/USDは140pipの大幅上伸し、
それにつられる形で豪ドル円NZドル円も大幅上伸となりました。
 
豪ドルなんかは9:30の10月貿易収支が市場予測より赤字幅が大きく、
NZドルも6:45の10月住宅建設許可が前月比-1.9%と軟調、
さらにカレン財務相がまた通貨高けん制の発言をしましたが、
両方とも特に材料視はされてませんね。
 
昨日の流れが10月米耐久財受注が市場予測を大幅に下回ったことからで
あったように、今は対外的な要因がかなり大きくなっているようです。
 
豪ドル円、NZドル円は8:50の日本の10月鉱工業生産が前回、市場予測
ともに大きく上回る結果だったことから円買いになり、下げてきてますので
買っていってもいいのかなと思います。
 
豪ドル円は90.50円、NZドル円は78.30円でというかんじで。
NZドル円は以前書いたようにレンジ下放れで損切りする必要はあると
思いますが。