あまり動きがないですが・・・

米ドルのセンチメントはかなり悪化しているのかなと思います。
つまり、下振れしやすいってことですね。
 
材料も、先週の中国人民銀行の周総裁の発言などにあった
外貨準備高のドルからのシフト移行といった問題もあるし。
 
ドル円に関していうと、月末までの外債償還の総額
2820億円という下げ材料もあり…
 
すぐに再投資に向かう部分もかなりあると見られてますが、
この材料はどの程度反応するんですかね。
 
この地合のなか、ユーロドルは6月以降のレンジを
突破しそうな気がします。まずは8/21高値1.2938ですね。
 
そして、6/5の今年高値1.2976と節目の1.3000台を狙う
展開になるのかなと思います。