ユーロ円再浮上?

13日にECBのシュタルク理事がG7以降でている高すぎるユーロ円への
為替介入について、現状では行う意図がないと発言しました。
 
この理事はECBで非常に重要なポジションに位置する人だということです。
 
ECBが政策金利の決定をFRBやBOEのように多数決で決定する形でなく、
コンセンサス(意見の一致・総意)という形をとっているので、この理事が
政策判断を左右するといえるようです。
 
また、この人は他にも
「今年のユーロ圏の経済は、ECBの予測レンジ(2.2-2.8%)の上限付近の
成長を達成するだろう」
「9月に1.8%へと低下したインフレ率は年末にかけてECBの誘導目標を上回る
2%台に上昇し、来年も2%台で高止まりすると思われる」
と、発言しました。
 
12月の3.50%への追加利上げ決定の可能性はかなり高いと言えるのかなと。
ただ、今日の日中の動きを見ていると、年内の追加利上げが現時点でかなり
織り込まれてる可能性が高いのかなとも思いますけど…。[emoji:i-202]
 
ドル円につられる形でユーロ円がさがってきたので、
149.22円で2万買いました。