クロス円

今週はクロス円はすべて堅調でしたね。
ドル円は1ヵ月ぶりの117円台回復、ユーロ円とカナダドル円は高値更新、ポンド円も約7年ぶりの221円台と、とにかくアゲアゲな1週間でした。 
この流れはどこまで続くのでしょうか…
ただ、気になることがあります。
チャートで見てみると、ほとんどのクロス円がオシレーター系指標(MACD、RSI等)の逆行現象が現われてます。
例えばどのクロス円ペアでもいいんですけど、前回高値を更新してるときに
14日RSIでは前回の数値を更新せずに折り返してます。 
大きな下落の前に出現することがよくあるので、注意が必要だと思います。