ドルコスト平均法で中長期FXトレード

ドルコスト平均法は、純金積立でよく使われる方法です。

この方法をFXトレードに活用するのであれば、中長期トレードが適しているんじゃないかと思います。

Page Index

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は、Wikipediaでは、以下のように説明されています。

ドル・コスト平均法(英:Dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

特長として定額購入が挙げられます。例えば、毎月1万円分購入するとした場合、商品の値段が100円の時は100個、200円の時は50個購入することになります。毎月100個を購入するという定量購入とは違います。

例えば、田中貴金属工業のnet純金積立の場合、月々1,000円から継続して購入できます。購入金額は1,000円で定額なので、金価格が安ければ多く購入できますし、高ければ少ししか購入しません。そうすることで、定量で購入していく場合に比べて平均コストを下げるという考え方になります。

ドルコスト平均法のメリット・デメリット

ドルコスト平均法のメリット・デメリットは以下となります。

メリット

分割して購入することで、リスクを分散できるので、安定した運用をおこなえることがメリットとして挙げられます。

また、ドルコスト平均法は定額購入なので、価格が上昇した場合は購入量を少なく、価格が下落した場合は購入量を増やします。そのため、単純に定量を購入する場合に比べると、平均購入価格を安く抑えることが可能です。

デメリット

時間で分散投資をおこなうため、高値で購入することがあるのはデメリットと言えます。

ドルコスト平均法は、定量購入方法と比べて、平均購入価格を安く抑えられますが、どちらにしろ高値掴みの可能性があります。

また、相場が一方向に動く場合は、分散せずに最初にまとめて購入したほうが利益が大きくなります。分割購入するぶん、どういう相場展開でも利益がもっとも出るトレード手法ではありません。

FXに活用するには

ドルコスト平均法は、リスクを時間軸で分散して安定した運用を目指すトレード手法です。

トレードサイクルの短い短期トレードやハイレバレッジのトレードには適しません。ドルコスト平均法の目的と相反しますからね。ローリスク・ローリターン、欲を言えばローリスク・ミドルリターンを、中長期で運用する方法に適しています。

ですから、FXでは、どういったトレード手法に活用できるかというと、低レバレッジで運用する中長期トレードだと思います。厳密にこの方法で運用するためには損切りなしでポジションが継続することを最優先にしましょう。

リターンを少しでも増やしたいのであれば、プラスでスワップポイント狙いということになります。為替相場の値動きに対して、リスクとリターンが同じという考え方をすると、スワップポイントのぶん、リターンが増えますからね。

分散することで、リスクの波もですがリターンの波もおだやかにするのが、ドルコスト平均法です。リスクを負ってでも大きなリターンを目指したい人は使わないほうがいいでしょう。トレードの目的やトレードスパンに応じて利用するかどうかを考えるといいんじゃないでしょうか。