GMMAの設定方法と使い方

GMMA(複合型移動平均線)

12本のEMA(指数平滑移動平均線)を使った「GMMA」という分析手法があります。面白いので、設定方法と使い方をご紹介。

GMMAのチャート設定

チャート設定といっても大がかりなものではなく、12本のEMAを短期と長期の2つのグループに色分けして表示するだけです。つまり、12回、移動平均線をチャートに表示させる設定をおこなえば良いという……。

GMMAを表示するためのEMAの設定期間は以下のとおり。

EMAの設定期間

短期 : 3・5・8・10・12・15

長期 : 30・35・40・45・50・60

短期を「青」、長期を「赤」にしてチャート表示するとこんな感じです。

GMMAを表示したチャート

GMMAを表示したチャート

GMMAの使い方・考え方

短期EMAを「投機筋」、長期を「投資家」と見立てて、「投資家の動きでトレンドに乗り、投機筋の動きでダマシに気づく」というのが基本的な考え方です。

GMMの基本ルール

  1. 「投資家」のEMAが平行に推移している → 強いトレンド
  2. 「投機筋」のEMAが拡がる → 短期トレンド変化
  3. 「投資家」「投機筋」の距離でトレンドの傾向を知る
  4. 「投機筋」が「投資家」を抜けられない場合 → 再エントリー

「投資家」のEMAが平行に推移していると強いトレンド
以下のチャートでは、ほぼ強い下落トレンドと言えます。

「投機筋」のEMAが拡がると短期トレンドの変化
以下のチャートでは青色の↑(上矢印)ですが、下落トレンドの中で上昇したり横ばいになる前に出現しているのがわかります。

「投資家」「投機筋」の距離でトレンドの傾向を知る
距離があるほど強いトレンドだと言えます。

「投機筋」が「投資家」を抜けられないところが再エントリーのポイントに
「距離が縮まる」つまりトレンドが弱まってきて抜けられない場合、調整だったということで再エントリーのチャンスとなります。以下のチャートでは、赤い丸印が「戻り売り」のチャンスです。

GMMAの説明

トレンドを視覚でとらえられる

GMMAは、一目均衡表のようにトレンドを判断する用途として使えば良いのかなと。基本ルールが複雑ではないので、初心者にも使いやすい分析手法だと思います。

問題は、12本の移動平均線をチャートに表示できるツールが少ないことですかね。

ただ、瞬時に判断するような手法ではないので、私はメタトレーダーを使ってGMMAを表示して、トレードはそれ以外でおこなっています

初心者の方は、このようなざっくりとした使い方で良いと思いますが、GMMAをもっと詳しく知りたいという人は以下の本を見ると良いと思いますよ。

FX最強チャート GMMAの真実

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 11:46時点)