ピボット(PIVOT)はトレードに使える?

ピボット(PIVOT)

時々、書籍やFXサイトで見かけますが、ピボット(PIVOT)というテクニカル指標があります。

トレンドを把握するのではなく、重要なレート水準を計算する指標と紹介されていますが、実際にトレードで使えるのでしょうか?

Page Index

ピボットの算出方法

ピボットの計算は簡単です。

(前日高値+前日安値+前日終値) ÷ 3
もしくは (当日始値+前日高値+前日安値+前日終値) ÷ 4

この式で求めたピボットをもとに、サポートライン(以下S)とレジスタンスライン(以下R)を算出します。

S1:ピボット × 2 – 前日高値
S2:ピボット – (前日高値 – 前日安値)

R1:ピボット × 2 – 前日安値
R2:ピボット + (前日高値 – 前日安値)

計算式を見てもらうと何となくわかるかと思いますが、ピボットは前日の値動きから当日のレンジを予測する分析方法です。

あくまでも前日の値動きだけですので、大きなトレンドは考えられていないんじゃないでしょうか。

ピボットをトレードに使うことはできるのか

ピボットは、サポートラインで買い、レジスタンスラインで売りが基本的な売買ルールになります。

S2、R2ラインはこのライン内におさまると想定されているので、抜けてくるようだと決済(利食いもしくは損切り)です。

前日の値動きという、点でとらえた分析手法なので、単体で使うのは避けたほうが良いと思います。トレンドの判断はピボットだけだと難しいんじゃないかと。

それよりは、他の手法でエントリーして、直近高値・安値と同じように、決済の目処に使う方法が良いのかなと思います。決済のタイミングに悩んでいる人は試してみると良いでしょう。